読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Endless Dream分析してみた。

やまちゃんの「Endless Dreem」というウィスパーボイスで始まる、エンドリ通称Endless Dreem。


私はてっきりこの歌は主人公が死んでしまって好きだった人をまだ想っているという設定なのかなと思っていたのですが、
ある方が「主人公が好きな人を殺してしまった歌で切ない」とおっしゃっていて、物も考え方、見方によるなぁと思ったので、真相はどうであれ、主人公が好きな人を殺してしまった程で歌詞を見ていきたいと思います!
個人的解釈がほとんどなので悪しからず。



まず私、恥ずかしながらEndlessの意味が知らなかったので調べたところ
「終わりのない、無限、永遠の、絶え間のない、無数の…」
などなどたくさん出てきます!とりあえず終わらないということはわかった!!!ということは、この題名は「終わりのない夢」ということでよろしいですかね?!?!?!?


歌詞を見ていくのですが、前奏が終わってからすぐに
風に絡まる髪をかき分けて君は綺麗なまま」と始まります。
もし主人公が彼女を殺してしまった歌ということを知らなかったから、
「あーー寝ている時に風が吹いて主人公が髪の毛をかき分けて彼女の顔を見ているのかなぁーー」
と、思います。
し!か!し!!!彼女を殺してしまった程でいくと、
「え、?!?どゆこと!?!?死んだ彼女の髪をかき分けて顔を見てるの!?!?」となります。

そして、「覚めない夢を見てた永遠に続いてく明けない夜の中」も意味深。
この歌詞の前に「くすぶる雲を蹴散らす微笑みいつも僕にくれた」とあります。
個人的な和訳をすると、曇り空みたいな僕の心を君はその微笑みで晴空にしてくれた。みたいな感じですかね?どこぞのポエマーやねんとなりますが。
「覚めない夢」「永遠」という言葉で分かるように、主人公は現実を受け止めたくないのかなぁと思います。「明けない夜の中」では、彼女を殺してしまった心の闇がありずっと暗い世界にいるということもできます。


この想いは星になって遥かな貴方を照らすでしょう
空になって海になって貴方を守り続けるでしょう
うーーん、なんか深いなぁと。
ここのサビからは女性目線なのかな?とも思います。
殺されてしまった自分(女性)が男性のことを遠くから見守っているよという歌詞なのかなぁと思います。


そして我らが有岡さんパートの
熱を上げつつ歌声を澄ませ君に祈り捧ぐ
がとても決定的な言葉ではないかと思います。
この歌詞はとても比喩的表現なのではと感じるのですが、「歌声を澄ませ」のところがとても比喩的表現だなぁと。ちょっと怖いですけど。(笑)多分歌声を澄ませているのは女性なのでは。そして次の「君に祈り捧ぐ」ですよ!?!?!?おおおおおお、お、お、おお、恐ろしや!!!!!!!!!とても良い風に聞こえてしまいますがよくよく聞いてみたらこわくない!?!?まぁかっこいいんだけど!!歌声!!だいちゃんの!!!(結局)本当に祈り捧げそうになったわ。


あまねく影の噂を恐れず灰になるとしても
がとてと理解に苦しみます。
自分が殺してしまったことが噂になると思うけどそれを恐れずに、死ぬときがきても…。みたいな??難しい!!!
とりあえず、「灰」というワードは「死」という意味合いであるなと感じました。
彼女を殺してしまった噂が出ても、死ぬまで償おうみたいなかんじですかね。良い感じにいったら。


誰も目を細める輝きは真実にしてはおぼろげで
白昼に夢見せた太陽を邪魔してる沈まぬ月の君
またまた難しい。
てかエンドリ、言葉が難しい!!!理解に苦しむ!!!!!!!!!でもそこが良い味なんですがね!!!!!
「真実にしてはおぼろげで」がとてもぐっさりきますね、なんか。
そしてここで一番注目したいのが
「太陽を邪魔してる沈まぬ月の君」です。
自分の思いや決意の中になかなか沈まない君がいるという感じなのかなと。あーーむずかしい!!!!!!!


その涙が雪になってこの身のすべて慈しむなら
舞い戻って花になって何度も蘇らせるでしょう
ここも女性目線なのかな????
とても綺麗な言葉で埋め尽くされていて、古風なかんじですよね。…あぁ、うまく言えない…。



そしていつも最後に登場してくる
僕たちの過ちときが許すなら
というフレーズで、とても悪いことをしたのかなあと聞いた当初から思っていましたが、本当に彼は殺してしまったということがとても強く印象付けられるフレーズですね。
「僕たち」と複数形で言っているので、女性にもなにかあったのかなと思いますが、ここでは一応男性が女性を殺してしまった程でお話ししているので、男性の過ちのほうが重いなぁと感じます。
時間が許してくれるのならという最後に少しの希望を込めている部分もあり、なんかとっても深い…。

何故彼は女性を殺してしまったのか。好きすぎてなのかなぁ。好きすぎてが9割かなぁと。メンヘラだすかね。メンヘラですね。メンヘラの歌をとても聞こえが良いように歌っているなぁと。back numberの助演女優症みたいにセフレのことを良い感じに歌っているのと同じだなと感じました。



でも個人的にエンドリは好きですね。
まず曲調がいいですし、やまちゃんの
「この身のすゔぇて慈しむなら〜」の歌い方が大好きです。
からの裕翔くんの「何度もよみがえらせるでしょおっ」ていう歌い方が対照的な2人だなぁと思います!!!!
あとはやはり先ほどもちらっと言いましたが、だいちゃんの
「君に祈りささぐぅぅ〜」のスウィートボイスにイチコロです。ここのスウィートボイスは最高です。えろい。えろい!えろい!!!!!!!!!
コンサートで見たいなぁ。


結論
エンドリはちょっと悲しい切ない歌です!!