読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Girlの有岡大貴氏のラップ部分の意味を考察してみた。

突然ですが、こちらの有岡大貴氏のラップ詞を見てもらいたい。

 

 

渡しはしない MyBabe

誰にも譲れはしないぜ 僕のLady

Yeah そばにいたい こんなWeekend

重ね合うFeeling それがReason

そうなんて言おうがきっと一緒

誰も邪魔はできないDistance

どれだけ足掻いたってかわりしない

 

 

 

ごめんなさい、わたし英語力皆無なので、ここで英語の単語を日本語に訳してもう一度。

 

 

 

渡しはしないMy babe(俺の愛おしい人)

誰にも譲れはしないぜ 僕のLady(女)

Yeah そばにいたいこんなWeekend(週末)

重ね合うFeeling(感触)それがReason(理由)

そうなんて言おうがきつと一緒

誰も邪魔はできないDistance(距離)

どれだけ足掻いたってかわりしない

 

 

 

まってなんかめっちゃエロくない?????そう思うのわたしだけ??

 

 

「babe」という単語がありますが、何故「baby」にせずに「babe」としたのか。

調べましたところ、babeには俗語でいい女という意味があるそうです。

えっそれって軽率にヤバない?!????僕の愛おしい人とも使えるしいい女とも使えるって…はぁどんだけえええ>_<!!!!(IK○Oではない)

 

 

 

そしてここでもう一つ気になったところ。

"Lady"って単語です。

ずっとMy GirlとかMy babyとかsheとか使っていたのにここで突然のLadyです。

Ladyでもたくさんの意味があり、

女性という意味はもちろん、my ladyときたらお嬢様という意味もあり、ここでも俗語で「愛人」「恋人」という意味があるそうです。

 

 

 

ここまで見てきましたが、

有岡くんとsheは愛人関係であるのではないかと考えます。

いや、恋人なのかなって思いましたが、愛人関係なのかなっていう色が強く感じます。

 

 

「そばにいたいこんなWeekend」ってありますが、もし恋人同士ならば別に週末で無くても会えるし、この歌詞のフレーズがちょっと訳アリ感を醸し出しているなって思います。

そして週末に身体を重ねている関係なのではとも感じ取れますよね。

「週末に身体を重ね合うこの関係があるし、誰も邪魔できない親密な関係だから絶対に渡しはしないし俺に勝てる訳ないだろ。俺と彼女の関係を壊したくて、この状況から抜け出そうとしても一緒だ」って聞こえてしまうわたしの脳。

いやいや、この女どんだけビッチなんだよ!!!!!!ありやまたぶらかすとかまじでクソだな!!

 

 

 

結論:有岡くんとこの彼女は愛人関係(またはセルレだが有岡くんが彼女のことを好きになってしまい一方的かもしれない)ということがこのラップ詞でわかりました。

みなさんのラップ詞の解釈もお聞きしたい次第でございます!!!!現場からは以上です!!