読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

応援するスタンス

ここ最近いろいろあったので自分なりにアイドルについてどう感じているのか整理してみた。私はアイドルにそれ以上の事を求め過ぎていたのかもしれない。"恋愛はしたらダメ、好きな人がいたら凹むな"などアイドルを応援するよりもアイドルを1人の人間として見過ぎでいたのかもしれない。いやアイドルも1人の人間なんだからと思うかもしれない。でも彼達は人間であって人間ではないのだ。(何を言いたいのか分からなくなった(笑))私達と同じように生活しているけれど、青春時代はお仕事のために捧げ満足した学生生活を送れなかったかもしれない。思う存分恋愛をしたかったのかもしれない。人目を気にせず笑いたかったのかもしれない。でも周囲の目が私達以上にあるから気にして自由に生きれなくて辛い思いをどれほどしたのか私達には分からない。多分分かることはない。きっとストレスだっただろう。ストレス発散をどこでしたらいいのか分からなかっただろう。一般人の感覚も分からないだろう。

 

ジャニーズは恋愛禁止ではない。現にジャニーズをしながら結婚している先輩だっている。じゃあ何故私はアイドルが恋愛をしたら悲しくなるのだろう。私はアイドルを趣味の全てにしているからではないだろうか。彼達を生で見るためにお金を稼いでいるし、彼達が出演するから興味のない番組だって見る。彼達が好きな事には詳しくなっていくし、彼達の人生をもっと知りたくなる。私は踏み込みすぎたのかな?もう後戻りはできないのかな?…いや後戻りが簡単にできたらここまでおたくやってないぞ!ってなる。"自担尊い…"など非オタからしたら考えられない感覚だろう。

 

でもやっぱり恋愛ごとは隠してほしかったなと思ってしまうのが本音。もし自担がスキャンダルされたら1ヶ月は立ち直れない自信がある。何の自信かは今は触れないでおく。でもやっぱりグループで積み上げてきたものは大きい。このスキャンダルで崩れていくのは確か。本当か嘘かは分からない。本人しか分からない。これが本当であれ嘘であれそれをほのめかすような行動をしていたのかなとか考えてしまう私は底辺のファンなのかもしれない。でもやっぱり嫌なものは嫌。嬉しいときは嬉しい感情を出したいし我慢したくないので記す。メディアに踊らされてる哀れな私である。彼の事は嫌いになれないし嫌いになるつもりは更々ないが、でも少しだけ、ほんの少しだけ偏見を持ってしまった。2度目って本当に大きい。"この人はこんな人間です"というのを晒されたような感じ。メンバーの為にこれからは自分が恩返しすると言った彼や、山ちゃんがJUMPとの話し合いの場を設けたときに「ありがとう」と頭を下げた彼や、大学の卒論と仕事を真摯に両立していた彼や、しんどかった事や辛かった事はあまり言いたくないと言い張った彼は他でもない伊野尾ちゃんで今回の件と同一人物で。なにを信じていいのか分からない。所詮私達は彼らのほんの一部しか知らないのだ。なんて切ない…。

 

応援するスタンスは人それぞれで、今回の件で何とも思わなかったという人や、そんな事は気にせず明るい事を呟くという人、アイドルの前に1人の男性なんだから当たり前という人、二股なんて絶対許せないし大事な時期のスキャンダルは許せないという人、感じ方は人それぞれだけど私は悲しかったという気持ちが一番強かった。私が応援していた時間はなんだったんだろうとか、私達に幸せを提供してくれている裏側で他の女と遊んでいたんだと思ったらとても悲しくなった。自担ではないけれど同じグループのファンとして悲しくなった。担当の方はどれほど悲しい想いをしたのかと思えば胸が苦しい。いつまでそれを根に持っているのかと呆れられそうだがなんだか居た堪れない。心にぽっかり穴が空いたようで、アイドルもやっぱり人間だったんだなって思った。でもやっぱり私は"アイドルが交際"という文字は見たくない。もうバレないようにひっそりとしてほしい。"片方の女性とは真剣に交際していた"って記事を見てやるせなくなったし、どうしても耳を塞ぎたいような気持ちで一杯になった。そりゃお付き合いくらいするかもしれない。でもそれを目の当たりにした感覚。いくら記事が嘘であったとしても、それをほのめかすような行動をしていたから余計リークされたのではと思うし、2回目ということが本当にでかい。1回目ならまだ信じられないけれど2回目となると信憑性に欠ける。それを信じてしまう。信じてしまう私も馬鹿なのではと思うが、信じるしか道がないのではないかと悟りを開いてしまう。なにが言いたいかごちゃごちゃになってしまったが、私はどうしてもショックだ。本当にショックだ。悲しい。信じたくない。信じれない。お仕事が減ってしまう彼を見ていられない。どう立ち直るのか見ることしかできない。そばで支えられない。ファンとはなんとも儚くなんとも残酷か思い知らされた一件であった。