読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q:有岡くんと勉強会をした時のお話を聞きたいです!(ヤラセ)

A:最高&ちょっとほろ苦かったです!!!(?)

 

以前Twitterでもリアルタイムで呟いたんですけど

 

事の経緯をお話しますね!

 

検定があるので勉強しないといけないけど1人でやるのってなんか集中できないよね〜〜って話を空きコマのときに伊野尾ちゃんと大ちゃんと話してて、「じゃあ3人でやろうよ!もちろん大ちゃん家で!」って伊野尾ちゃんの提案で大ちゃん家で勉強会をすることになりました!(伊野尾ちゃんは私が大ちゃんが好きなことを知っている) このときの伊野尾ちゃんのニヤニヤした顔は忘れられません!!ありがとな😡😡!!

 

この時、「えぇ〜〜俺ん家かよ〜〜!伊野尾ちゃんの家でよくね?今超散らかってっけど!?」って反応な大ちゃんを

伊野尾「でも大ちゃん、俺に新しく買ったソファ見せたいって言ってたじゃん!」

有岡「いやそれとこれとは違うでしょうよ!」

伊野尾「でも俺が見たいの!!今度コンビニでなんか奢るから!なぁ!?(と私に同意を求める)」

私「うん!奢らせて!!だからお願い!」

有岡「えぇ〜〜じゃあお前が言うならダイキ様のお家で勉強会しよう!!」

ってなりました!ぴーすぴーす!!

 

授業終わってから3人で電車に乗って、その間にも他愛もない話で笑ったりコンビニで勉強のお供のお菓子を買ったりして大ちゃん家に向かいました!もちろんこの時の私の心臓は生きてきた中で一番の心拍数を記録していたことでしょう。隣で伊野尾ちゃんはニヤニヤしながら私を見てくるからくっそ〜〜😡覚えとけよ😡でもありがとな😡😡ってなりながら睨み返しました。

 

「ここ、俺ん家。」って紹介する大ちゃんに「ちょ〜〜久しぶりなんだけど〜〜!」と、私よりテンションが上がってる伊野尾ちゃん。

「おじゃましま〜〜す」って言う私と伊野尾ちゃんに「どうぞ〜〜!おあがり〜〜!」っておばちゃんみたいに言う大ちゃん。どこに座ったらいいのかなって思いながらドキドキしてると「適当に座って〜〜」って言いながらキッチンでお茶の準備をしてる大ちゃん。伊野尾ちゃんは自分の家かのようにテレビつけてソファに座ってるから、私もその隣に座る。

 

小声で「超ラッキーじゃん!今日こそ頑張れよ!」って変に背中を押してくれる伊野尾ちゃんに「やばい…緊張…」って引きつってる顔の私。その顔を見た伊野尾ちゃんが「○○ならいけるでしょ!」って優しいから驚くと「なんで驚いてんだよ(笑)」ってやり取りをしていると「お待たせ〜〜」って3人分のお茶をテーブルに置く大ちゃん。

 

「さすが大ちゃん、できる男〜〜!!」って褒める伊野尾ちゃんに「っせぇよ(笑)」って照れる大ちゃんを見れて私は幸せです。アーメン。ありがとう、世界。

 

「じゃあ勉強しようぜ!」って伊野尾ちゃんの一言で各自勉強をして、 ちょこちょこお菓子を食べながらも一切喋ることなく勉強をする。これ1人で勉強してるのと同じなのでは?と感じたけど言わないでおこう。

 

「お腹減った〜〜!!」って伊野尾ちゃんの一言でコンビニ行こうぜ〜〜!ってなってコンビニまで3人で歩く。この勉強会 何時までするんだろ?って思いつつも他愛もない話をして、コンビニでお弁当とお酒とおつまみを買ってまた大ちゃんの家に戻る。

 

お弁当食べてからはラストスパートをかけるべくひたすら無言で過去問を解いた。

 

気付くと私は寝てしまっていたらしくてそこからの記憶が一切無い。起きると、大ちゃんしかいなくて(もちろん肩に毛布がかかってある)、「あ?やっと起きた!!お前寝すぎだからな〜〜!」って温かいお茶持ってきてくれる有岡くんに「あれ?伊野尾ちゃんは?」って聞くと「あ〜〜なんか用事忘れてたらしくて帰ったよ?」って答えるから え!?伊野尾ちゃん用事だったの!?って思いつつLINEを開くとこれですよ!!!?一部始終をお見せしますね!?

 

f:id:namichan32415:20170128143412j:image

 

彼は超楽しんでます。ありがたいよ!?ありがたいけどね!?このタイミング!?ありがたいよ!?うん!ありがとう!!!!!

 

隣にいる大ちゃんの気配に気付きつつも伊野尾ちゃんに返信してると、私のスマホ覗いて「なに?伊野尾ちゃんとLINEしてんの?」ってちょっとムスっとした声の大ちゃんがいるんですよ!!!え?なんでムスっとしてるの!?って聞きたいけどとりあえず近い!近い近い近い!!!嬉しいけど近い!!!!(嬉しい)

 

『あ、ごめん、伊野尾ちゃんに返事してた』って謝ると「仲良いよな〜〜お前ら!伊野尾ちゃんの用事なんだったのかな〜〜!!」って立ち上がってキッチンに行くから、さっきのムスっとした声からいつも通りに戻るからさっきのは幻聴か?っと疑います。はい。

 

「買ったお酒呑もうぜ!!」って笑顔の大ちゃんに言われて『うん!!』って即答するよね。(もちろんつまみは作らない。買ってあるからね!料理できないわけじゃないからね!?)で、テレビ見ながらダラダラとお酒呑むのです。で1時間くらいダラダラ呑んでたら「お前、伊野尾ちゃんと仲良いけどできてんの?(笑)」ってちょっとお酒が回ってきてる大ちゃんに言われて『いやないないない(笑)』ってこれまたお酒がちょっと回ってきてる私が答えると、「なんか俺に内緒で最近コソコソしてっからさ〜〜!寂しいわけよ!!」ってちょっと本音混じりの大ちゃんに、『(あなたの事を相談してるんだよ!!)』と思いつつ、最近寂しかったんだ〜〜よしよし〜〜ってしたい手を抑えるよね。

 

ビールをぐびっと呑んだ大ちゃんが「彼氏つくんねぇの?」って聞いてきて『う〜〜ん、ほしいんだけどね〜〜』

「好きな人いねぇの?」

『好きな人〜〜は、いる』

「え!?俺が知ってる人!?」

『うん、知ってる人(お前だよ!)』

「え〜〜まじか〜〜付き合ったら挨拶してもらわねえとな〜〜(笑)」

『どうかな〜〜付き合えるかわかんないよ〜〜(笑)』

「お前ならいけるっしょ!」って根拠のないこと言うから『いやいや無理でしょ(笑)』って答えると

「で、誰なの??」

『う〜〜ん、内緒!』(ここで告れ!私!)

「なんだよ〜〜気になんじゃん〜〜!」って新しくビール開ける大ちゃんを眺めながら『私が好きなのは大ちゃんだよ』って思いながらビールを一気に飲み干す私。

 

 

はいそうです。告白できませんでした〜〜!!後日伊野尾ちゃんにそれを伝えると「え〜〜、大ちゃんとお前頑張れば付き合えそうなのに〜〜」って言われたのでもう少し頑張って見ます!!!!!!石は投げつけないでください!!!!また進展あったらご報告しますね!!!!!

 

 

 

ふぉろみ🐰💙担当関係なし妄想イタ垢   @n_32415