読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタ卒をするのかと思っていた

自分でもオタ卒をするのかなと思っていた。いや、つい最近までほぼオタ卒確定だと思っていた。

 

初めてジャニーズを好きになったのは亀梨くん。ごくせんや野ブタをプロデュースを見て好きになった。根っからのミーハーである。

そして亀梨くんからJUMPを好きになった。私は探Q出の永遠の新規だ。当初は山田担だったがひょんなことから有岡担になった。

JUMPを好きになったのはわたしが小学5、6年生くらいだったと思う。(記憶が曖昧)もちろんSNSはそんなに普及していなかったし(mixiもしていなかった)JUMPがテレビに出る事もあまりなかったのでcroozブログやアメブロでのJUMP担の方のコンサートレポを読んで、「あ、ちゃんと頑張っている」と生存確認をしていた、お茶の間と言われるおたくだった。

なのでその当時のJUMPのコンサートや舞台は生では見たことがない。しかもブログはリアルタイムだけどリアルタイムで投稿する方はあまりいなかったのでほぼコンサートが終わってから何日か経った後に分かる。といった感じだった。

 

そしてTwitterが普及しだし、わたしも高校1年生の後半からTwitterを開始する。もちろんJUMP垢を作った。すると、コンサートレポやその当時はカレーパーティのレポもリアルタイムで見ることができる…!とっても便利なツールに出会えたととても感動したのを覚えている。

 

JUMPが少クラの司会を担当するようになり、ちゃんとテレビでも生存確認ができるようになり本当に嬉しかった。

待望の10作目のシングルCome On A My Houseも発売し、少クラで沢山歌ってくれたのを覚えている。

コンサートに行ってみたいけどなんか怖いし…と思ってお茶の間側のおたくを堪能していた。お茶の間でも全然堪能できるからおたくって万能だなっとも思っていた。

 

 

しかし、カモナが出て少し経ってからわたしはJUMPのテレビ事などを追わなくなった。いわゆる冷め期というものだ。でもTwitterはちょくちょく見ていたのでまだオタ卒とかではないなと思いながら、ただいまだけあまり興味が無くなったといった感じ。

 

 

ここで大げさだがわたしの人生を左右することが起こった。

わたしは普段ロック画面をパスワードで登録していないのだが(危ない)、修学旅行中にやってみようと思い立ってしてみたら、まさかのパスワードを適当に打っていてロックが解除されないという事態が発生。しかも何回も間違えてiPhoneが初期化してしまい使えなくなってしまった。これが修学旅行中ですよ????????さすがに死亡した。ケータイ無かったら生きていけない。という超現代っ子な思考だが、本当に生きていけなかった。このタイミングでパスコードを登録した自分を呪った。

まあ帰ってきてからケータイを直してもらって無事いけたのだが、JUMP垢をまた登録し直そうという気にもならず、JUMPのことを一切追わなくなった。これが2015年の夏まで。

結構な期間本当にJUMPのことを何も知らない状態になった。まあ友人関係とかいろいろあってJUMPどころではなかったのだが、わたしは「あ、これがオタ卒なんだな」と勝手に思っていた。

センセーションズが出ると知ったときも「え?なにそれ?JUMPもそーゆー系に使われてしまったのか」と何故かがっかりした。2014年の記憶は本当にない。

だからJUMPがワクワク学校の生徒として出演したのもテレビで知ったし、レポも見ていなかったからどんな風だったのかもわからない。24時間テレビもJUMPがメインパーソナリティを務めるのもテレビで知ったし、ヒルナンデスの記者会見?みたいなのも妹が親切に録画していてくれたが一切見なかった。それくらい本当に追わなくなってしまった。

 

 

 

しかし、ここで転機が起きる。

忘れもしない2015年8月。

わたしはホテルでアルバイトをすることになる。一応ホテルの専門学校に通っているので。

記憶は曖昧だが2015年8月1〜2日に大阪でJUMPがコンサートをすることを知り、「あ、するんや〜」程度で流していたが、ホテルのアルバイトが本当に本当に苦痛で。毎朝ホテルに通って定時で上がらせてくれないからほぼ1日ホテルで過ごす。といういまかんがえたらよく頑張っていたなという生活をしていた。なんせゆとり世代なのできつい仕事は苦手だ(おい)

休みの日に友達と難波に出かけた時にエグザイルのコンサートへ行く人たちと遭遇し、「いいな〜」と純粋に思った。わたしもコンサートに行きたい。行くならJUMPだなぁと思いながら見ていた。なんだわたしまだJUMP頭の片隅にあるじゃん。なんて思っていた。

そしてまた次の休みもキスマイのコンサートに行く人たちと遭遇。本当にコンサートに行くことが羨ましかった。連日のホテルでのアルバイトで本当に本当にストレスが溜まっていて、わたしの根っからのミーハー魂に火がつき、とうとうJUMPに手を出した。

いや〜あんなに離れていたのにこんなすぐにハマるのかというくらいにハマってしまう自分がいた。しかもその時に24時間テレビがあったので余計にそれが拍車をかけた。

そこからはコンサートに行きたくて行きたくて仕方がなくて、そんな矢先にJUMPの単独カウコンが決定し、場所がまさかの京セラドーム。…まって?!?!?わたし大正までの定期あるしこれは行くしかない!!!!!!と思ってファンクラブにやっと加入。そして応募をし、なんとか31日の追加公演に行けることになり、そこから余計JUMPにハマって今にいたる。

 

 

 

熱しやすく冷めやすい性格のB型なので、本当に冷めた時はとことん冷める。しかも結構JUMPから離れていたのだなとこのブログを書きながら思った。なんで離れてしまったのだろうと今は本当に後悔している。JUMPがだんだん活躍するようになった2014年の記憶が本当に皆無なのだ。それが本当に悔しい。あの時リアルタイムで応援したかった…。わたしのバカ…!!!!!!!!!!

 

アイドルはリアルタイムで応援するからこそ楽しいし、幸せである。

わたしは嬉しいことにまだまだオタ卒をできそうにない。頑張ったらできるのだろうけど、そこは頑張らないでおこう。